バリバリ家庭教師でがんばるぞ

漁業被害拡大18億円超える 発生から1週間(河北新報)

 三陸沿岸に深刻な被害をもたらしたチリ大地震津波は6日、発生から1週間がたつ。養殖業を中心とした漁業被害額は宮城、岩手両県の5日までのまとめで、計約18億1000万円。全国有数の生産力を誇る豊かな海には被害を受けた養殖施設が、回収しきれないまま大量に漂っている。

 両県のまとめ(5日現在)によると、水産業への被害額は岩手が16億8390万円、宮城が1億2800万円。宮城では養殖施設の大規模な流出や漂流が確認された気仙沼市、塩釜市の被害算定が残されているため、被害額は今後、さらに十数億円規模で増加するとみられる。

 被害施設の回収・撤去作業は、津波にあおられたロープが海中で複雑に絡み合い、時間がかかっている。スーパーなどを中心に被災地域のホヤやカキを買い取り、漁業者を支援する動きも広がっているが、漁業者が高齢化する中、生産再開には長く険しい道のりが続く。


児童買春で教員免許失効の男、県立高講師に採用(読売新聞)
<「捜査怠慢」訴訟>警視庁が上告の方針(毎日新聞)
外相経験者は説明を=密約「けじめ必要」−河野氏(時事通信)
中2と16歳の車が事故 飲酒検問突破しパト追跡中(産経新聞)
日米密約 開かれた真実の扉 報告書は西山さんの指摘追認(毎日新聞)
[PR]
by eupefkmrce | 2010-03-13 00:22
<< 民家全焼1人死亡 千葉・市原(... 首相動静(3月7日)(時事通信) >>