バリバリ家庭教師でがんばるぞ

ダイバーに人気、天使の輪を持つ「ダンゴウオ」(産経新聞)

 「ダンゴウオ」と呼ばれる体長5センチ未満の球形の魚がダイバーの間で人気を集めている。近畿の沿岸でも見ることができるといい、ゴールデンウイークにはダンゴウオ目当てのダイバーらでにぎわいそうだ。

 ダンゴウオはカサゴ目の底生魚で、名前の通りほぼ球形の体形が特徴。沿岸の水深10メートルぐらいの岩礁域で生息する。

 観察ポイントとして注目を集める日本海側の猫崎半島(兵庫県豊岡市)では、昨年からダンゴウオをひと目見ようとダイバーが急増しているという。

 地元のダイビングサービス「カシマカンコー」によると、「ダンゴウオは海底でもあまり動こうとしないので、初心者でも比較的見つけやすい。女性ダイバーに特に人気です」と説明する。

 また、猫崎半島をダイビングでよく訪れる「ダイビングスクールココモ」(姫路市)の唐土誠代表は「幼魚のときは頭に白い輪があり、ダイバーは『天使の輪』と呼んでいます」と人気の秘密を明かす。

 近畿では冬場から5月の連休まで観察できるといい、唐土代表は「これからは大きくなったダンゴウオを見ることができますよ」と期待を込めて話した。

【関連記事】
ダイビング中に男性死亡 兵庫・香美町沖の日本海で
ダイビング中の看護師が死亡 沖縄・石垣島沖
田中律子、沖縄観光PR「海への恩返し」
完全養殖のウナギ仔魚公開 三重の養殖研究所
サバがクロマグロを産めば…数年後に成功か
外国人地方参政権問題に一石

需要予測の統一モデル構築へ=調査手法見直しで検討委−国交省(時事通信)
首相に米訪問を説明=共産・志位氏(時事通信)
雑記帳 キャラクターにハネト姿の“ねぶた” 青森養豚協(毎日新聞)
帯広市長選 石川知裕議員と故中川昭一氏夫人が積極的動き(毎日新聞)
「自然現象だからしょうがない…」アイスランド噴火で欠航相次ぐ成田(産経新聞)
[PR]
# by eupefkmrce | 2010-04-24 10:48

<名誉棄損>報道発表被害 原告の訴え一部認める…松山地裁(毎日新聞)

 06年に愛媛県松前町の男子高校生(当時16歳)が暴行を受けて死亡した事件で、高校生の遺族が「県警が誤った説明を報道機関にしたため名誉が傷つけられた」として、県に謝罪広告と慰謝料など690万円を求めた裁判の判決が14日、松山地裁であった。山本剛史裁判長(代読・濱口浩裁判長)は原告の訴えを一部認め、慰謝料33万円の支払いを命じた。謝罪広告は棄却した。

 訴状などによると、高校生は06年8月11日、松山市内で、元少年(当時18歳)から一方的に顔や腹部をけられるなど暴行されて死亡した。県警松山南署が「けんかの結果負傷し、死亡した」と発表し、その内容に基づき新聞各社が報道したため、「誤った発表で死者の名誉が棄損され、遺族の人格権も侵害された」と主張していた。

 傷害致死罪に問われた元少年は、刑事裁判で一方的な暴行を認定され実刑判決が確定している。【柳楽未来】

【関連ニュース】
ネット名誉棄損訴訟:接続業者にも開示義務 最高裁初判断
2ちゃんねる名誉棄損:原告、元管理人の印税から賠償金
名誉棄損:ブロガー情報開示を命令、無罪医師の訴え認める
名誉棄損訴訟:大学教授勝訴確定 セクハラ認めず 最高裁
八百長疑惑裁判:賠償を3割以下に減額 東京高裁判決

スーツケースから出火、一時騒ぎに=ヘアアイロンが原因か−成田空港(時事通信)
毒ギョーザ事件 中国側と情報交換会議 警察庁、犯行状況の食い違いなど説明求める(産経新聞)
<地震>新潟・胎内市で震度4=午後4時38分(毎日新聞)
弁護側の同意ない調書 検察、誤って読み上げ(産経新聞)
【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(1)(産経新聞)
[PR]
# by eupefkmrce | 2010-04-21 18:14

消費税論争勃発 民主執行部のバラマキ路線牽制(産経新聞)

 議論の発端は13日付の産経新聞のインタビューだった。仙谷氏は、消費税率引き上げの是非について、「論理的な考え方はかなり限られている」と指摘した上で、中期財政フレームで税率引き上げ明記を検討する考えを示した。

 仙谷、菅両氏の念頭にあるのは、すでに政府・民主党合同の企画委員会で始まったマニフェスト議論だ。党側からは3カ月後に迫った参院選を意識し、子ども手当など多額の財政出動を伴う政策を数多く盛り込んだ衆院選マニフェストの堅持を求める意見が噴出している。

 小沢一郎幹事長は12日の記者会見で「半年前の国民との約束を変えるという方が変だ」と強調。高嶋良充筆頭副幹事長も13日、「(消費税の議論は)参院選にとって民主党に非常にマイナスになる」と仙谷氏らの発言に苦言を呈した。そこには「バラマキこそが票になる」という昔ながらの考えが見え隠れする。

 これに対し、菅氏は「マニフェストには『入り(歳入)』と『出(歳出)』の両方が入っている。『出』だけ約束して『入り』は約束されていないわけではない」と仙谷氏を援護した。

 ここで見逃せないのは、財源論が、政府・民主党内で本格的な論争の域に発展している事実だ。責任政党として当たり前の話だが、政権獲得後の民主党では増税を含む財政論が浮上しても選挙への悪影響を懸念する声にかき消された。

 だが、もはや野党ではない。岐阜県連など地方組織からも、選挙対策を最優先に掲げる小沢氏に批判の声が上がり始めた。仙谷氏はこのような動きにも「現場の声は『弁解よりも前向きに行ける体制を作ってくれ』だ。僕もそう感じる」と理解を示す。

 政府と党の対立に神経をとがらせる平野博文官房長官は13日の記者会見で「そういう議論は時期尚早だ」と述べ、さっそく火消しに走り出した。

 とはいえ、内閣支持率は一部世論調査で20%台に下落し、「危険水域」に突入した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題の迷走もあり、政府・与党内では「ポスト鳩山」がささやかれ始めた。

 仙谷、菅両氏も有力候補であることは間違いない。仙谷氏は産経新聞のインタビューで首相への意欲を「(衆院議員の任期満了となる)3年半後は引退しているよ」と冗談っぽく否定した。それならば、あえて小沢執行部に論争を仕掛ける真意はどこにあるのか。(比護義則)

【関連記事】
鳩山政権が増税路線に転換? 財務省の思惑チラリ
仙谷国家戦略担当相 「次期衆院選で消費税アップ掲げる」
政府・民主のマニフェスト作成 定まらぬ基本路線 首相指示書にダメ出しの珍事
「消費税10%へ段階的引き上げ必要」御手洗経団連会長
平沼新党 参院選10議席目標 消費税10%方針
外国人地方参政権問題に一石

<火山噴火>全日空、日航が一部便を欠航(毎日新聞)
<新型スカイライナー>走行試験が本格化 成田と都心結ぶ(毎日新聞)
同日選で政権選択を=参院福岡で候補擁立−みんな・渡辺氏(時事通信)
「たちあがれ日本」旗揚げ=反民主、「第三極」目指す−平沼、与謝野氏ら5議員(時事通信)
日航 リストラ案を策定 二次破綻、回避なるか(産経新聞)
[PR]
# by eupefkmrce | 2010-04-19 21:10

震災21世紀機構 震災の聞き取り調査本出版へ(産経新聞)

 阪神大震災の復興プロセスを記録に残し、後世にいかすために体験者や行政などの当事者から聞き取り調査を行ってきた公益財団法人「ひょうご震災記念21世紀研究機構」(貝原俊民理事長、神戸市中央区)は9日、聞き取り内容をまとめ、分析した本『大地の雄叫(おたけ)び、ひとびとの悲鳴−大震災の証言より』を今秋にも出版することを明らかにした。22日に兵庫県公館で行う研究報告会で概要を発表する。

 平成9年12月に設立された「阪神・淡路大震災記念協会」が10年から始め、18年に組織を継承した同機構が調査を続けていた。聞き取りはプライバシーの問題などを考慮し、30年間は公表しないことを前提に計431人に行ったが、世界各地で大震災が相次ぐ状況に、経験と教訓の共有・発信が早急に必要と判断。遺族以外の聞き取り作業はこれで終了することにし、了解を得られた対象者分について本にまとめた。

 本では、遺族のほか国や自治体の危機管理対応の実態を紹介。その後の復旧・復興に関する証言から、生活の再建や、新しいまちづくりの過程、危機管理体制の変化などがまとめられている。

 遺族の聞き取りはこれまで、神戸大の学生有志らが中心となって361人に実施。犠牲者全員の遺族に対する聞き取りを目指しており、昨年末から関西学院大やNPOなどに協力を求め、活動の範囲を広げている。

【関連記事】
高齢の被災者ら今も災害住宅に 能登半島地震3年で黙祷
阪神大震災の再開発地区で初の代執行
9月時効…兵庫県内の震災貸付264億円、回収困難
地震発生予測 検証実験 「当たるモデル」条件探る
全国50万基…防火水槽に再生術 早く安く耐久性同じ、市職員発明 
「中国内陸部の資源事情とは…?」

鳩山邦夫氏の新党参加で与謝野、平沼両氏の間に温度差(スポーツ報知)
川崎マンション火災 3歳の双子死亡、祖母は重体(毎日新聞)
「減速義務なかった」自動車運転致死に無罪(読売新聞)
平沼新党参加の藤井氏が自民に離党届(産経新聞)
<春の交通安全運動>交差点は気を付けて(毎日新聞)
[PR]
# by eupefkmrce | 2010-04-12 21:04

ミクシィに「ブッ殺します」宅八郎氏、起訴猶予(読売新聞)

 インターネットの交流サイト・ミクシィに、音楽評論家の男性(51)(神戸市)の名前を挙げ、「ブッ殺します」などと書き込んだとして、兵庫県警が脅迫容疑で書類送検した評論家の宅八郎氏(47)について、神戸区検は3月31日付で不起訴(起訴猶予)とした。

 理由は明らかにしていない。宅氏は県警の調べに対し、書き込みは認めたが、「危害を加えるつもりはなかった」と話していたという。

東京の銭湯に増える見附島の背景絵 絵師の中島さんを地元観光大使へ(産経新聞)
<東京路上に男性遺体>殺人容疑で6人再逮捕へ 警視庁(毎日新聞)
鉄工会社従業員、死体遺棄で逮捕=社長殺害もほのめかす−福岡県警(時事通信)
雇用調整助成金の不正受給、52事業所で2億(読売新聞)
<日本医師会>会長選挙始まる 唐沢氏ら三つどもえの構図(毎日新聞)
[PR]
# by eupefkmrce | 2010-04-07 20:49